新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

快適な在宅勤務環境を目指して 【自宅カイゼン #1】

コロナ禍で業務を継続するにあたり、OCHでは在宅勤務を推奨し、ほとんどのメンバーは2020年からほぼ出社せずに勤務を行っています。
せっかくなので、私が在宅勤務を行うにあたって自宅の労働環境を快適にしていく過程を公開したいと思います。

前置きが長くなりました。又吉@OCHです。

前段でも触れましたが、OCHでは2020年の緊急事態宣言発令から、今日に至るまで在宅勤務・リモートワークを会社として推奨しています。OCH リゾラボ内でも数名のメンバーがリモートワークについての記事を投稿しています。

沖縄は台風の通り道としてシーズン中に暴風域の直撃コースになることも多く、警報発令に伴う移動困難状況による 通勤できない状況に備えて在宅勤務ができるシステム作りを行ってきました。
そのため、個別のリモートワークはもとより全社的にテレワーク・デイズに参加して2018年から取り組みを続けてきました。

その知見と実施者からのフィードバックを基に、コロナ禍の在宅勤務も大きな混乱もなく業務もできており、この状況が落ち着いてもリモートワーク・在宅勤務の推奨を継続していく予定です。
私自身も当初は出社することが多かったのですが、現在は出勤は月1、2回程度まで出社比率が下がっています。

リモートワークで大事と感じたモノ

第1にインターネットの通信速度です。これまで対面で行っていた会議や面談はオンラインに移行しており、OCHではZoomを使っています。また、サポート業務のコールシステムもクラウドサービスを利用しているため、自宅のネットワークが円滑な業務を行うためにとても重要な要素だと感じました。

インターネット接続が急に遅くなった・・・

2020年2月、3月頃は業務やオンライン会議に影響はあまりなかったものが、夏を境目に自宅周辺でも休校や在宅勤務の方が増えたのか、朝・夕はビデオをONにしていると会話もままならない状況になってしまいました。

このままでは在宅勤務が立ち行かなくなるため、通信環境の改善に着手しました。

カイゼン、その答えは

新たにインターネット回線を引きました!これまで使っていたNTTフレッツ光に加えて、沖縄では通信の安定性・速度に定評のある auひかり ちゅら です。

自宅で2回線は不要なのですが、ひかりTVを家族が利用していて代替サービスがなく、TV用にフレッツ光を使い、インターネット接続は auひかり ちゅら を使う構成で落ち着いています。

効果はバツグンだ!

画像1

インターネット速度テストの fast.com で計測した結果です。

この記事は構成変更後に書いているためにカイゼン前のデータはスマホのスピードテストアプリの履歴しかないのですが、下記の数値でした。

・ダウンロード:3.0Mbps
・アップロード:27.0Mbps

これでも良いほうでした。。

次なるカイゼン

回線状況は改善クリアできたので、次は自宅における業務ネットワークの改善内容をお伝えできればと思います。

それでは、また!


著者:


縛られる働き方から、自由な働き方へ。 「IT × 知恵」を駆使して「本気であそび、本気ではたらく」を研究し、その結果を発信している OCH 公式 note です。