実践!はじめてのワーケーション【休暇】+【仕事】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

実践!はじめてのワーケーション【休暇】+【仕事】

Go to travelキャンペーンを利用しリゾートワーク!

こんにちは、OCH kuniです。

昨年(2020年)、景気喚起の施策として「Go to travel キャンペーン」が実施されておりました。

非常に魅力的なキャンペーンではありますが、このコロナ禍の中、
人口密度が高くなりがちな観光地やホテルの利用は、少々憚られるものが
あるのも事実だと思います。

しかしこのキャンペーン、「民泊」にも適用できることはご存知でしたでしょうか?

「民泊」ならば、観光地とはまた違った、人里離れた山奥や海に近い場所にある一軒家を貸し切り、県内での車移動ということもあって、人とは一切接せず独占状態で滞在することが可能です。

今回、県内の海辺を独占できる貸切りコテージを予約し、ワーケーション(『work(仕事)』と『vacation(休暇)』を組合わせ)を実践してみました!

沖縄県本部町にあるこのコテージは、ちゅら海水族館など有名な観光地にも
近く、海が非常に綺麗な場所にもあり、Vacation(休暇)にはうってつけの宿です。

ビーチサイドワーキング

今回、こちらで2泊3日間を過ごしてみました。

そこで2点感じたことは、ネット環境さえ整っていれば
どこでも仕事はできるということです。

当然といえば当然の当たり前のことなのですが、わかっていても
”会社だから”とか、”仕事だから”といった制約を無意識に
持ちすぎており、テレワークという条件を十分に活かしきれておりませんでした。

体制が整ってさえいれば十分に非日常(業務に支障がない)の
空間でも仕事はオッケーなんだなと改めて実感することができ、休養と仕事を両立することができました。

もう一点は、今回のような保養地等、従来であれば出社の関係で
年に一回しか組めるか組めなかったようなスケジュールも、
会社へ行く必要が無いので容易に組まるようになったことです。
このおかげで、生活の幅が広がった実感も得ることができました。

次回また別の場所で試してみたいと思います。


著者


縛られる働き方から、自由な働き方へ。 「IT × 知恵」を駆使して「本気であそび、本気ではたらく」を研究し、その結果を発信している OCH 公式 note です。